不動産投資で老後の生活も安心!特徴や注意すべき点について

家

特徴やメリットについて

アパート

不動産投資の一環としてマンション経営に踏み出す方は結構多いと言われています。マンション経営というのは、自身でマンションを購入して経営を行なうということです。具体的には、購入したマンションの部屋を希望者に賃貸する経営手法です。賃貸することによって、月々の家賃を得ることができます。何故このマンション経営を行なう方が多いのかというと、この不動産投資には幾つかのメリットが存在するからなのです。まず大きいのが、不動産物件という実物資産が手に入るという点でしょう。実物資産が手元にあるということは、何らかの事情によってお金が必要になった際に売却して資金に変える事が可能です。しかし不動産物件を売却する時には、国内の経済状況に応じて物件の価値が変動するという点に注意が必要です。デフレだと物件の価値が年々低下してしまうので、売却するのであればインフレの時期か価格が低下していない時期に行なうのが賢い選択でしょう。

マンション経営を行なう人にとって避けたい事柄が空き部屋でしょう。もし空き部屋が存在したとしても、当然ながら物件の管理費やローンなどの料金は発生します。しかし、空き部屋からは家賃収入が得られませんので、無駄な管理費を支払うことになり赤字の発生へと繋がるのです。空き部屋の発生を防ぐためには、しっかりと対策を講じておくことが大切だと言われています。例えば不動産会社に一括借り上げをお願いするのも有効的です。