不動産投資で老後の生活も安心!特徴や注意すべき点について

家

経営のリスクを削減

コインと貯金箱

アパート経営というのは、上手く活用できれば安定した家賃収入を得られるという点が強みです。しかし収入を得られるのは上手く経営を続けていた時の話で、場合によっては購入資金を調達できずに赤字に陥る可能性もゼロではありません。その大きな理由として考えられるのは、アパート経営を続けていくうえで発生する空き部屋問題でしょう。部屋が空くということは、家賃収入をその部屋の分回収できないということでもあります。その結果物件の無駄な管理費や維持費がかかってしまい赤字になってしまうのです。そういった事態を防ぐためには、アパート経営を行なっていく中で空き部屋発生の危険性を考慮して、対策を講じるというのがとても大切になってくるでしょう。

アパート経営における空き部屋発生を懸念しているという方は、どういった対策を実行するのかしっかりと情報を集めて選択しましょう。例えば、不動産会社が提供している一括借り上げサービスを利用してみるのも良い判断でしょう。一括借り上げというのは、アパートを所有しているオーナーから不動産会社などが部屋を買い取るというサービスです。このサービスを活用することで空室の発生リスクを削減できます。しかし、ここで少し注意してほしい点があります。それは、一括借り上げを行なう際には買い上げてもらった部屋の賃料の1~2割を不動産会社に渡す必要があるという点です。その一括借り上げの際に不動産会社に渡す費用は居住者とオーナーの仲介料金とも言えます。